ミンチ解体とは

解体の知識
三島市木造家屋解体工事

廃棄物を分別せずに建築物を重機を使って一気に取り壊す解体工法です。硝子、金属、アスベストなど危険物も含めてまとめて資材を壊すので現在では禁止されております。足場を使わず工期も短縮され費用が抑えられることにより従来では一般的な解体方法でした。廃棄物の再資源化と再利用を行う為に、2000年に建設リサイクル法が制定されました。(建設工事に係る資材の再資源化に関する法律)

ミンチ解体が禁止される理由

建設リサイクル法により現在は禁止されております。石綿等危険物質が周辺に飛散し、混合されるリスクが考えられるからです。硝子、金属、木くずなど廃棄物の分別が必要となります。

分別解体とは

解体工事を行う際に、解体しながら分別も同時に行い、計画的に施工することをいいます。解体工事で出る建設資材の廃棄物を種類ごとに分別しながら、計画的に解体工事を行います。   例えば、解体工事で出たコンクリート・アスファルト・木屑等の廃棄物を分別する事で、リサイクル可能になります。

建設リサイクル法ではミンチ解体を禁止し、分別解体の徹底を義務付けています。それぞれの違いを押さえることは、信頼できる業者を見分けるうえで欠かせません。ミンチ解体と分別解体の違いは下表の通りです。

ミンチ解体分別解体
工事の進め方分別せずに一気に取り壊す分別しながら取り壊す
工期極端に短いミンチ解体よりも長い
費用作業費は安いが、処理費用が高いミンチ解体よりも作業費は高いが、処理費用が安い

コメント

タイトルとURLをコピーしました